爪でシールやテープをはがしていませんか?

今回は「爪を育てる習慣  爪に負担がかからない指使いをする。」についてです。

二枚爪や割れやすいというお悩みがある方は、爪を道具代わりに使っている場合が多いようです。

例えば・・・

 ●シールやテープを爪ではがす。

 ●缶のプルタブに爪を引っかけて開ける。

 ●汚れを爪でこする。

 ●みかんの皮をむくとき、爪をみかんのくぼみに刺してむく。

 ●頭を洗うとき、爪をたてる。

など、爪を使っていませんか?

皆さん「意識したこと、ありませんでした。爪、使っているかも・・・」とおっしゃいます。

こんなことでも、実は爪に負担がかかっているんです。

爪を育てるためには、まずは日々の生活の中で爪に意識を向け「あっ!今、爪使ってたな!」と気がついてもらうことから始めてもらっています。

爪を道具代わりに使っていると、爪に小さい亀裂が入ってしまったり、爪が持ち上げられて、ネイルベッド(爪の土台となっているピンクの部分、爪と指がくっついている部分)がはがれてしまいます。

小さい亀裂が「二枚爪」「割れ」につながります。

ネイルベッドがはがれてしまうと「爪が小さく」なってしまいます。

爪を道具代わりに使わず、

 ◎シールやテープの角を定規やカッターの裏を使って起こしてから指の腹を使ってはがす。

 ◎缶のプルタブにフォークやスプーンの柄(持つところ)を差し込んで開ける。

 ◎汚れをスポンジや割りばしを使ってこする。

 ◎みかんの皮をナイフで一部分、むいてから指の腹を使ってむく。

 ◎頭をシャンプーブラシを使って洗う。

こういった習慣を身につけていくことが、爪を育てるためには大切です。

爪に意識を向け、少しずつ改善していきましょう(^^)/

☆次回は、「爪に負担がかからない指使い 爪に物を当てない習慣」です。 ‘

関連記事

  1. 爪が折れている人は◯◯な人

  2. ゴム手袋が苦手な方にオススメ

  3. わずか1回1分のお手入れで美爪へ

  4. 折れづらい爪をつくる方法

  5. 爪を育てる3つの習慣