爪を伸ばせないあなたへ

こんにちは。健康で美しい爪を育てるお手伝いをします。

札幌の自爪ケア専門サロンの遠藤 春佳です。

 

あなたは、どんな爪になりたいですか?

キレイな爪の定義については、こちらの

記事をご覧ください。

健康で美しい爪の定義を知っていますか?

 

いろいろな理由で爪を伸ばせない方がいるとかと思います。

  例えば、小さなお子さんがいる方やセラピスト、歯科衛生士…

人の肌に直接触れる機会が多い方は、爪を伸ばせない場合があります。

そんな方こそ、指先を見られていますので、ぜひお手入れすることをおすすめします。

 

ネイルベッドを長くすること以外に着目して、「健康で清潔な爪」を目指すのはいかがでしょうか。

まず、こちらの3つをクリアしてみませんか?

簡単にチャレンジしやすいと思います。

 

●甘皮、薄皮が荒れていない。

→サロンの専用マシーンでお手入れできます。

その場ですぐにキレイを実感していただけます。

 

●ささくれがない。

●爪にツヤがある。

→オイルでの保湿で見違えるほど、うるおいます。

 

お手入れを継続していくと、このような爪を目指すことが可能です。

●爪が綺麗なピンク色をしている。

●本来の厚みがある。

●縦すじや横みぞがない。

●二枚爪になっていない。

爪を伸ばさなくても「健康で清潔な爪」を目指せます。

爪が伸ばせない方は綺麗な爪になれない?

そんなことはありません。

(ネイルベッドが長く立体的なカマボコ形のアーチがある爪を目指したい方は、白い部分を伸ばす必要があります。)

 

私のサロンでは、伸ばせないけど「健康で清潔な爪」になる目的で通っていただいている方もいらっしゃいます。

指先って意外と人に見られています。

あなたも、ツヤツヤした爪を手にいれませんか?

どんな爪になりたいかイメージしてみてくださいね~。

そして、爪が綺麗になって指先を隠さなくても大丈夫な自分を想像してみてくださいね~

関連記事

  1. 深爪のお客さま

  2. 爪を育てる3つの習慣

  3. 健康で美しい爪の定義を知っていますか?

  4. 爪が折れている人は◯◯な人

  5. ゴム手袋が苦手な方にオススメ